ブログの子【ねぇ、今からバズるよ】

初めまして。にゃんにゃんです。雑記ブログの頂を狙います。

行きつけの美容室に暴走されて、変な髪型にされた男の話

こんにちは。この記事に辿り着いた皆さんの中に、美容師に変な髪型にされたお客様はいらっしゃいますでしょうか?もし、おられましたら私にお任せください。まずは、その方の気持ちを私が代弁します。少々荒々しい言葉なので、美容師の方々に僕は嫌われるでしょう。それでは、失礼します。

 

あのクソ美容師ふざけんなよボケ!!!!テメェも同じ髪型にしてやろうかクソ!!!!金払って変な髪型にするってオマエ頭おかしいんか??金返せクソが!!!頼むからお腹を8発殴らせろ!!!

って感じです。

取り乱してしまい申し訳ございません。

いや、お前の髪質とかそもそもの長さとかオーダーの仕方が悪かったんやろ?とか色々思う人もいると思いますが、是非最後まで読んでいってください。え、それは無理?すみませんでした。

 

さて、皆さん改めましてこんにちは!

タイトルにもある通り、美容師に暴走されて変な髪型にされた男です。しかも5年位切ってもらってる美容師さんで行きつけです。とりあえず、皆さん。誰でもいいので、良い弁護士を教えてください。良い美容師ではなく弁護士です。法廷で争います。もしくは腕利きのスナイパーでもいいです。眉間を撃ち抜いて貰います。それか湯婆婆でもかまいません。八つ裂きにしてもらいます。

話を戻しますが、行きつけの美容師にも関わらず何故、変な髪型にされてしまったのか、一体何があったのか説明させてください。

まず、私の髪質ですがクセ強めのテンパです。なので、短くすることは絶対にNG。東野幸治のチリチリドリルになります。

なので、私はいつも、ツーブロックのクセを活かしてもらう七三分けにしてもらってました。髪型については、ずーっと変えてません。その髪型1つで、長年色んなコミニティで生き続けておりました。

f:id:abmayo18:20210602175611j:image

こんな感じです。この写真のイケメンボーイは私ではないです。

 

そして、私の行きつけ美容師の性格を紹介させてください。アラフォーなのですが、とにかく自慢好きです。承認欲求が鬼強いのか、実写版スネ夫なのかなんなのか知りませんが、5年位ずーっと何かしらの自慢をされていました。私の役目は、それに対して、オーバーリアクションを取ること。「えー!!すごいですね!」「さすが〇〇さん!!えぐいです!!」と髪を切ることよりもそっちに全集中してました。気分を害されて変な髪型にされたら困るので、取引先の接待よりも本気出してました。

しかも自慢の内容が、「セフレが何人もいる。」「この前、20代の女を抱いた。」「美人にストーカーされてる。」「奥さんいるけど、浮気バレてねぇ。」「腕の筋肉が凄い。」「俺が知らない人が俺を知っていた。」「朝まで飲んだ」などなど、30代後半のする自慢じゃないです。大学のダルい先輩の自慢です。そんな地獄の美容師にもそろそろ丸くなってほしいものなのですが、年々尖りまくっていきます。
f:id:abmayo18:20210602182948j:image

というか自慢の中身がどんどんショボくなっています。自慢の若返りです。そのうち、「俺、水切り8回」「カマキリを素手で捕まえた。」とか小学1年生の自慢を言い出すんじゃないかとヒヤヒヤしております。いや、むしろそっちのが相づち打ちやすくて最高だわ。

そんな最近の地獄の美容師の自慢トレンドは、「お客の髪型を最高にしてあげた」

私の本音としては、それがオメェの仕事じゃボケ!!!てかそんなん俺に話すな!!!タコ美容師!!!そろそろ黙って切れや!!!ですが、この美容師の技術は私も気に入っているので、「いやーーさすが〇〇さん!そろそろ世界で通用するんじゃないんですか?」的な感じでオーバーリアクション。というのが続いておりました。

その中で、毎度毎度「ツーブロックじゃなくて、フェード(刈り上げ)のが絶対似合うよ!!」と俺に提案してきてましたが「あーー、いいですね!でも大丈夫ですよ!」と断ってました。

そして、今回、遂に事件が起きました。

なんと入店早々に美容師が「〇〇くん。フェードにしよう。この髪型もう飽きたよ。」とほざいてきたのです。

いや、テメェが飽きても俺は飽きてねぇんだが!!!?

正直、何いってんだ、この地獄のミサワ。と思いましたが、かなりしつこかったので、「わかりましたよ。ツーブロックだったところをフェードにしてください。」と私が折れました。なんやかんや腕が良いので、もしかしたらいい感じになるのでは、、?と淡い期待もありました。

そして、髪の長さの話をしようとすると、「長さは、一旦バリカン終わったら決めよう」と美容師が言うのです。

それに従い、レッツ髪切りスタート。

 

いつも通り、美容師の自慢話に花が咲きます。

 

美容師「この前、キャバクラ行ったらさー。めっちゃデブが来てさ〜、そいつマジウゼェから、テキーラ飲ましまくって潰してやろうと思ったんだよ〜。したら、潰れねぇし、会計高いしで、連れにスゲェ文句言われちゃったよw」

なんじゃそのクソ話!!!!!

テメェが潰れとけよ!!!

そもそもコロナ禍で何やってんだオマエは!!?

とは言えないので、

俺「ハハハハハーー!なんですかそれヤバっいすねーー!ハハハハハ!」と接待モード。乾いた笑いが店内に響きます。

このようなゴミみたいな話を聞く代わりに、私は最高の髪型を手に入れています。ホントそろそろ無料にしてくれ。

そして、話してるときに違和感。

あれ、バリカン終わって髪切りまくってね、、?しかも結構短いぞ、、?と思ってるうちに髪切りが終了。

すかさずシャンプーに。

俺「あれ?切っちゃいましたね?(笑)」

 

美容師「あ、バレたかー(笑)」

 

ホントぶっ飛ばすよオマエ。

まぁ、落ち着け。どうせ、似合ってる髪型ですよ。落ち着きなさい。シャンプーが終わり、髪型をセットしてもらってからを見て判断しようじゃないかよ。

 

そして、シャンプーが終了。

 

髪型をセット。

 

さぁ、鏡を見てみましょう!!!

 

どれどれ。。。

f:id:abmayo18:20210602193436j:image

泣いた。鏡の中にゴリがいました。

スラムダンクの湘北バスケ部主将がいました。

諦めたらとかじゃなくて、普通に試合終了です。これなら普通に安西先生の髪型のが良かったんですけど

 

いや、てか何をしてくれとんじゃこのクソ美容師!!!!?

 

俺「いや、ええ??笑」

 

美容師「いいねー!めちゃくちゃ似合ってんじゃーん!!」

い、い、い、イカれてんのか!!?

こんな髪型で世に出たら社会的に殺されんぞ俺!!?リアル スウィーニー・トッドじゃんコイツ!!?悪魔の美容師かよ!!??

てかオマエは俺になんの恨みがあるの!!!?え、オレ実はテメェの両親とか気づかないうちに八つ裂きにしてましたっけ!??

いや、ていうか、そもそも似合ってねーし、ゴリラにしてって誰が言ったんだコラ!!!!完全にドンキーコング参戦じゃねぇかよ。

もう、ホントめちゃくちゃ四角にされてるじゃねぇか。初期の関口メンディーより四角いぞこれ。面積求められるくらい角がしっかりしてるんだけど。ふざけんなよコイツまじで。青く塗ったらおじゃる丸のアオベエなんだけど。おじゃる丸ー!シャクを返すでゴンスー!じゃねぇよクソ!!!髪を返せゴミ美容師

 

さすがに、文句を言おうとしたら、次の客が来てお会計。そのまま帰宅

いや、なんで金を払わなきゃいけねぇんだよ!!!!!逆にテメェのクソ自慢話を聞いたカウンセリング代5年分払えよカス!!!!

 

しかし、待て。一旦落ち着いてみろ。

 

これはあくまで、俺の主観。

俺は似合ってねぇと思うかもしれないが、世間はなんていうのだろう?

もしかすると、似合ってるじゃん!とかそっちの髪型がいいよ!とかめっちゃ褒められるかもしれない。。

私はなんと哀れだったのだろう。5年も信頼した美容師に対してゴミとかカスとかなど失礼なことを言ってしまい本当に反省だ。

全ては出社したときの会社の皆の反応で分かる。

 

まだ怒るのは早計でした。

 

次の日、会社に出勤

 

俺「おはよう御座いまーす!!」

 

 

上司「え、なにそのトンカチみたいな髪型www」

f:id:abmayo18:20210602200608j:image

あのゴミカス美容師オラァアアアア!!

 

無事、職場でハンマーというアダ名を付けられました。

 

僕はいま、裁判の準備に取りかかっております。誰か良い弁護士を紹介してください。リーガル・ハイのメンバー連れてきてください。

 

現在、髪が伸びるまで、このハンマーヘッドを受け入れるしかなく、次回、美容師に対して1ヶ月分の怒りをぶつけるために、チャージしております。

 

クギを打てそうな髪型にされたので、もう自慢話に相づちは打ちません。つか、お前の自慢「お客の髪型を最高にしてあげた」って今思えば凄いレベルの高いアメリカンジョークだったんだな。くたばれ。

そして次も変な髪型にしたら美容室を変えます。普通に鬼ギレです。ていうか、こっちがオススメでお願いしますって言わない限り、ゴミカス美容師は勝手に自我を持つなクソ。客の髪型を独断で決めるってマジで頭おかしい。人間の命令無視して壊れたロボットみたいに暴走してんじゃねぇよ。ターミーネーターかオマエ。溶鉱炉に沈めんぞマジで。

 

美容師は僕らの生活を守る一人の職人なのですから、勝手に調子乗って、ふざけた髪型にはしないでください。