ブログの子【ねぇ、今からバズるよ】

初めまして。にゃんにゃんです。雑記ブログの頂を狙います。

浦安ガチ勢の俺がドラマ浦安鉄筋家族11発目の原作は何巻か調べてみた。

ドラマ浦安鉄筋家族11発目は原作何巻か調べてみました。

あらすじ

家族サービスなど滅多にしない大鉄。

そんなある日、順子が大鉄のある行動をみて、旅行を計画してると勘違い。やがて噂は浦安中に広まって、、

 

というのがドラマのあらすじですが、

この内容から推察するに、

原作は

26巻 382発目 トンガオチ

で確定ですね。

ぶっちゃけ超神回ですね。

原作 詳細

f:id:abmayo18:20200919002704j:image

仕事で疲れた大鉄は寝てしまうのですが、偶然、温泉のチラシを見ているように順子からは見えるわけです。ここからが勘違いの連続です。行き先が徐々にグレードアップしていくわけですが、最終的には海外に。大鉄の知らぬうちに家族のボルテージは最高潮。旅行など連れてく気なんて更々ない大鉄はどうなってしまうのか?

最期の大鉄には涙と笑いが止まりません(ハードル爆上げ)。そして、タイトルの「トンガオチ」の意味もラスト1コマで分かります。

 

他にも26巻は神回と呼ばれる物が何個もあります。

特に読んでほしいのが、13階段ベムと、大鉄と野球の話です。26巻は正直 神巻ですね。

 

 

 

さて、以上となりますが、ドラマ浦安鉄筋家族は来週で最終回ですね。ラストも楽しみです。