ブログの子【ねぇ、今からバズるよ】

初めまして。にゃんにゃんです。雑記ブログの頂を狙います。

ハドソン川で起きたUSエアウェイズ1549便不時着水事故をクリントイーストウッドが映画化。ハドソン川の奇跡が面白い

 

ハドソン川の奇跡(字幕版)

ハドソン川の奇跡(字幕版)

  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Prime Video
 

あれからもう10年以上も経ってるなんて思わなかった。ハドソン川着水は本当に印象的な出来事だった。あの当時は機長スゲェじゃん!なんて思ってたけど、あのあと裏では機長に対して色々理不尽なことが起こってましたよって話。簡単に言うと、危険な着陸に対して殺人の罪をかけられます。そこから機長は無実の罪を晴らせるのかという感じですね。

とりあえず、登場人物はみんなカッコいいし、カタルシスもあるのでスッキリします。洋製 半沢直樹って感じがしました。

日本の配給会社が『ハドソン川の奇跡』といかにも感動しますよ的な名前にしてますけど、原題は「Sully」この飛行機の機長です。「半沢直樹」もタイトルに主人公の名前が使われてるところからも似てますよね。

 

あと、これは見てからのお楽しみですが、副機長の最後の一言がアメリカンジョークの教科書に載せたいくらい痺れます。

なんなら、今までがこの一言のための前フリだったのでは?とも思えるくらい最高です。

96分と見やすいし、スッキリするし、副機長の最後の一言が最高なのでお勧めです。