ブログの子【ねぇ、今からバズるよ】

初めまして。にゃんにゃんです。雑記ブログの頂を狙います。

最近寝つきの悪いそこのアナタにおすすめの安眠映画「ザ・ウォール」の感想

 

 

ザ・ウォール(字幕版)

ザ・ウォール(字幕版)

  • 発売日: 2018/01/17
  • メディア: Prime Video
 


え、こいつキックアスの緑の奴かよ!!?と目を疑う映画。それだけです

 

キック・アス<スペシャル・プライス版> DVD

キック・アス<スペシャル・プライス版> DVD

  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: DVD
 

※こちらは爽快アクションが見れる映画「キックアス」

 

一応あらすじ、舞台はイラク戦争終盤。アメリカ兵のスナイパー二人(アイザックとマシュー)が偵察で派遣された地で姿の見えない何者かに狙われる。辺りは頭を撃ち抜かれた死体だらけ。しかし何も起こらないので痺れを切らしたマシューが隠れていた壁から飛び出しちゃう。結果、初っ端なマシューが撃たれ、残されたアイザックが壁の後で生き残るために試行錯誤頑張ります。

 

基本的にはアイザックと何者かの、トランシーバー会話劇。戦争映画とは言われているがサスペンスだと思います。

登場人物はほぼ1人。壁の向こうに謎のスナイパーがいる「さぁどうやって助かる!?」って感じ。

最初に説明した通り、映画全般、会話です。ということなので、主人公の機転、一発逆転の策略等、「何者」との駆け引きがこの映画の見所なのかなと思いましたが、主人公が普通に賢くない。最悪だぜ。

あとは皆様、ご自身の目で確かめてください。

映画のなかで、おぉ!楽しい!となる場面は2ヶ所くらいかな、、、

そして単調な会話劇が続いた結果、私は安らかな眠りについた。大きな銃声が鳴り響き丁度よく見所で起きることに成功。とくに伏線もないと思ったので巻き戻しせずそのまま鑑賞。何回か夢の世界に落ちたが無事、作品を理解し見終えることが出来た。つまり、寝てた箇所は本当にどうでも良いシーンだったことが明らかになったので余計な巻き戻し作業を省くことが出来た。あざす。

映画は90分と短めだが、寝ていたせいと単調すぎる会話劇が続いたことにより体感的には200分。おかげさまで、これがアインシュタイン相対性理論かと実感することが出来た。
f:id:abmayo18:20200405233226j:image

最後に思わず「ザウォールは90分の上映時間だがまるで200分くらいかと思った。そう言えば、ゴッドファーザー2は200分の上映時間だがあっという間だった。」という感想がこぼれ出た
f:id:abmayo18:20200405233232j:image

 

さて、ここでハッキリさせよう。この映画のジャンルは戦争でもなく、サスペンスでもなく、サイエンスだった。監督は理科の呼吸いちのかた相対性理論の使い手

そして寝付きが悪いあなたにぴったりの映画だった。睡眠のお供にいかがでしょうか。安眠グッズ「ザウォール」オススメです。てか料理しながらも観れるし、普通にTwitterとかYouTubeとか見てても観れるし、最早流してる隙にお風呂入ってきても観れるレベル